コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京マラソンを法人化 石原知事が発表 出場枠のオークションも可能に(産経新聞)

 3万5000人のランナーが都心を駆け抜ける「東京マラソン」の法人化を検討していた東京都は23日、来年2月の大会から運営事務局を法人化することを正式に決めた。石原慎太郎知事が同日の定例会見で発表した。市民マラソン運営組織の法人化は国内初。

 東京マラソンはこれまで、都や日本陸上競技連盟が主催し、事務局は任意団体だった。法人化により出場枠が柔軟に割り振れるようになるのが最大の特徴。出場枠をチャリティー団体に売却して、団体が開催するオークションで競り落とした人が出場するといった仕組みが可能となる。

 また、任意団体では難しかった周辺イベントも充実でき、東京マラソンに先立ち、女性10キロレースやキッズレースなどを開催して、優秀選手の招待枠を設けたり、事故の際の責任の所在が明確になるといったメリットもある。

 東京マラソンは平成19年から始まり3万人を超えるランナーが都心を駆け抜ける都内屈指のイベントに成長。前回22年大会には前年比19%増の約31万人が応募し、出場枠の抽選倍率は過去最高の約8・9倍となった。

【関連記事】
「今年は子作り!」くわばたりえ、今だから話せる東京マラソン
石原知事、津波警報下の東京マラソン批判に激怒
石原知事、防災相の東京マラソン「悠々と」発言に烈火の反論
猫ひろし、3時間切った!改名まぬがれる
東京マラソン 3.5万人が都心駆ける
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

パト追跡バイク転倒、後部座席の少女重傷 高2酒気帯び逮捕(産経新聞)
苦手分野に重点=実用問題も多数-学力テストが終了・文科省(時事通信)
ローソン本社に脅迫文、3000万円要求(読売新聞)
差額ベッド、急性期病院全病床の2割未満(医療介護CBニュース)
舛添新党、苦渋の決断…参加議員も広がり欠く(読売新聞)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。