コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

いきなり事務所費で冷や水…本格始動の菅内閣(読売新聞)

 菅内閣は発足から一夜明けた9日午前、首相官邸で臨時閣議を開いて副大臣・政務官人事を決定し、本格的に始動した。

 菅首相は午前9時半過ぎ、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルを公用車で出発し、首相官邸に入った。ホテルの出発や首相官邸の到着の際、記者団が声をかけたが、首相は「おはよう」と応えただけだった。

 鳩山前首相は毎朝、首相公邸を出た際に記者団の取材に応じていたが、菅首相は「短い時間の中で話すと、誤解を生じる恐れがある」(周辺)と、これには消極的な姿勢を示している。

 ちょうどこの日は、荒井国家戦略相の政治団体が、「主たる事務所」として総務省に届けていた知人宅に事務所としての実態がなかった問題が表面化した。鳩山前政権が鳩山前首相や小沢一郎前民主党幹事長の「政治とカネ」の問題を厳しく問われた結果、退陣に追い込まれ、菅首相は小沢氏の影響力を排除する形で内閣や党の陣容を整え、「クリーンな民主党に戻った」とアピールしたばかりだ。福山哲郎官房副長官も9日朝のNHK番組で、「首相と与党幹事長が辞めたのは非常に重い。一定のけじめはついている」と強調していた。

 それだけに、荒井氏の問題の発覚で、菅政権は出だしから冷や水を浴びた格好となった。記者団は首相にこの問題の説明を求めたが、首相はそれには応じず、足早に立ち去った。

 仙谷官房長官は9日午前、首相官邸で民主党の枝野幹事長と会談した。荒井氏の問題への対応などを協議したとみられる。

 野田財務相は9日朝、衆院議員宿舎で記者団に、「今日からがんがん仕事しようという思いだ」と決意を語ったが、荒井氏の問題について聞かれると、「きちっと説明責任を果たすことが最初だ」と述べ、表情を曇らせた。

鳩山前首相を上海に派遣=政府(時事通信)
民主党両院議員総会、「鳩山後継」選出へ(読売新聞)
<強盗未遂容疑>交番に「拳銃よこせ」67歳逮捕(毎日新聞)
「信頼回復が責務」と続投表明=経営陣処分は改めて明言―原発点検漏れで中国電社長(時事通信)
首相動静(6月2日)(時事通信)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

岩手県の達増知事「福島氏罷免はまずい。約束守るべきだった」(産経新聞)

 岩手県の達増拓也知事は31日の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で社民党の福島瑞穂党首が閣僚を罷免され、同党が連立政権から離脱したことについて、「罷免はまずかったと思う。3党合意は最後まで守るべきだった」などと述べ、鳩山由紀夫首相の政権運営を批判した。社民党に対しては「今回の決定が3党合意にある『(在日米軍基地の在り方の)見直しになっていない』というのは、なるほどと思う」と理解を示した。

 達増知事は民主党籍を持ち、同県選出の小沢一郎幹事長とも極めて近い関係にあり、この時期の官邸批判や社民党への好意的発言は注目に値する。

 達増知事は鳩山内閣の支持率低下について、「今のままだと、連立政権発足時の約束が破られたままで、鳩山内閣の存立基盤自体が崩壊したことになる。高支持率は期待できない」と指摘。「いい約束を守れる志の人たちで、改めて約束をし直すことが必要だ。社民の人たちはそういう志を持っており、排除すべきでない」と述べ、3党連立の再構築を求めた。ただ、鳩山首相の進退については「党の中で決めるべきだ」と明言を避けた。

 その上で、達増知事は「昨年9月の3党合意の作り方に齟(そ)齬(ご)があったのではないか。実際にどういう約束をしたのか。当事者間で今すぐに総括を行い、国民の前でけりをつけてほしい」と強調。当時の民主党幹事長だった岡田克也外相の責任に言及した。さらに、「当時、新しい幹事長に決まっていた小沢一郎さんが仕切っていたら、こんなことにならなかった」と述べた。

 また、今回の政府決定について「冷戦時代の思考にとらわれ、脱皮できていない」と批判した。

【関連記事】
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
福島氏罷免でごまかされるな!!
瀕死のハト襲う 社民離脱
首相「メディアが思うほど、小沢氏とぎくしゃくしてない」
iPadが上陸

北アで遭難か「やばそうなので下山」の連絡(読売新聞)
新規2型糖尿病治療薬などの副作用報告を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
ニチイ学館寺田社長、元社員逮捕で陳謝―再発防止に努める(医療介護CBニュース)
鳩山首相が宮崎入り…東国原知事と会談(読売新聞)
岐阜県 産廃施設許可取り消し 住民への説明会なく(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)

 三重県鈴鹿市の自宅アパートで無職小島正嗣被告(25)=傷害罪で起訴=が同居女性の次男(6)に暴行したとされる事件で、津地検は25日、傷害ほう助容疑で書類送検された次男の母親(34)を起訴猶予処分とした。
 同地検によると、家族が処罰を望んでいない点や自白し反省している点などを考慮したという。
 母親は先月21日、鈴鹿市算所のアパートで小島被告が次男に暴行した際、次男の背中を押して同被告に近づけるなどしたとして、県警鈴鹿署が今月12日、津地検に書類送検していた。次男は意識不明の状態が続いているという。 

【関連ニュース】
高齢者施設で暴行=傷害容疑、介護福祉士を逮捕
同居男、傷害容疑で逮捕=竹林女性死亡
乳児虐待、両親を逮捕=傷害容疑、頭など骨折
急発進で転倒、警官大けが=「酒飲んでた」男を逮捕
防衛技官、女装し銭湯侵入=傷害も負わす、容疑で逮捕

普天間、岩国市長が訓練移転など拒否表明(読売新聞)
消費増税方針を明確化=景気にプラス効果も―財政審(時事通信)
神戸市職員のPC転売詐欺、損害は7千万円以上(産経新聞)
府立高教諭を逮捕=女性に下半身見せる―大阪府警(時事通信)
神戸空港で水着のファッションショー(産経新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<鈴木元都知事死去>地方自治思い強く 高齢批判のけ4選(毎日新聞)

 「都政だけでなく、自治官僚として日本の礎を作った方だった」。旧内務省のドンとも称された鈴木俊一元東京都知事の訃報(ふほう)に、あるベテラン都議はそう話し、死を惜しんだ。さらに「非常に責任感が強かった。己にも部下にも厳しい人だった」と続けた。

 14日夜、東京都杉並区の閑静な住宅街にある鈴木元知事の自宅には、親族とみられる男女数人が出入りしたが、集まった報道陣の問いかけには無言だった。関係者によると、親族は「静かに見送りたい」と密葬を希望しているといい、公式な発表は15日以降になるとみられる。

 自治官僚時代、地方自治法制定にかかわり、地方自治への思いが強かった。91年に4選した際の知事選では、高齢多選を批判した自民、公明、民社(当時)の党本部が元NHKキャスターを擁立したのに対し、「東京の自治を守る」を旗印に、自民、民社の両都連の支援で立候補。高齢批判を吹き飛ばそうと、選挙戦で両ひざを曲げずに両手を足元につけるパフォーマンスを披露し、話題を呼んだ。その結果、小沢一郎自民党幹事長(当時)らの「鈴木降ろし」をはねのけ、圧勝した。

 4選後、有楽町から移転した新宿の新庁舎に初登庁した際、「やっぱりこの机、いす、落ち着きますね」と語った。

 94年12月に5期目の出馬をしないことを表明。96年に開催を予定していた「世界都市博覧会」を後任の青島幸男知事が中止した時は、「サリンをまかれたようだ」と怒りをあらわにした。言動であまり注目されることのなかった鈴木氏にとって、唯一の失言ともいえ、無念の思いの強さをうかがわせた。

 大相撲のファンで、長く横綱審議委員も務めた。知事退任後、東京国際交流財団会長を01年まで務め、有楽町の旧都庁跡地につくられた国際フォーラムにある財団の職場に通い続けた。

急性期病院の特定療養費、都道府県で最大2.5倍の開き(医療介護CBニュース)
普天間、現行案修正で協議継続=米、くい打ち桟橋工法に難色か-実務者協議(時事通信)
子ども手当満額断念、民主が参院選公約原案(読売新聞)
橋下府知事「維新の会の候補は選挙費用を負担してもらう」(産経新聞)
民も自もQちゃんに出馬打診(スポーツ報知)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)

 5日午後0時45分頃、長野県立科町芦田の白樺高原国際スキー場にある「ゴンドラリフト」が停止、乗客計14人が約1時間半にわたって宙づりとなり、女性1人が軽い脱水症状となった。

 ほかの乗客にけがなどはなかった。

 佐久署によると、運行していたのは6人乗りのゴンドラ32台で、うち4台に観光客が乗っていた。同署が原因を調べている。

私立歯大の定員割れ拡大、高収入のイメージ崩れ(読売新聞)
首相動静(5月2日)(時事通信)
<「有栖川宮」事件>夫婦が新潮社と和解 大阪高裁(毎日新聞)
首相動静(5月1日)(時事通信)
<カレーうどん>ご当地グルメに…愛知・豊橋がキャンペーン(毎日新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。